Raw Materials

CBDディストレート:THC FREE CBD Distillate

CBD or Cannabidiol has the distinguished honor to be considered one of the  "Major Cannabinoids" along with the infamous THC, CBG and CBC. Commercially available CBD ingredients have become prominent throughout the world and usually come in one of two forms: isolate or distillate. In this case we are focusing in specifically on THC Free CBD Distillate that is safe for use in the Japanese market.

CBDまたはカンナビジオールは、悪名高いTHC、CBGおよびCBCとともに「主要カンナビノイド」の1つと見なされる際立った名誉を持っています。商業的に利用可能なCBD成分は世界中で顕著になり、通常2つの形態のうちの1つがあります:単離液または蒸留液。今回は、特に日本市場で安全に使用できるTHCフリーのCBD蒸留液に焦点を当てます。

Thc free CBD distillate is different from CBD isolate in that it still contains other cannabinoids such as CBG, CBN ,CBC, CBT and more, as well as terpenes and flavonoids. Because of the way its produced Thc Free CBD Distillate tends to have varying degrees of quality. A good quality THC Free CBD Distillate will crystalize at room temperature and should have a light yellow or amber color. Avoid distillates with a Dark Coloration, Low viscosity , or unpleasant smell.    Factors such as Biomass, Processing equipment and technique, and the skill and experience of the extracting and refining lab can all effect quality. More about comparing distillate quality can be found in the Blog.

ThcフリーCBD蒸留物は、CBG、CBN、CBC、CBTなどの他のカンナビノイドや、テルペン、フラボノイドをまだ含んでいるという点で、CBD単体とは異なっています。その製造方法のため、Thc Free CBD Distillateは、品質の程度が異なる傾向があります。良質のTHCフリーCBD蒸留物は、室温で結晶化し、淡い黄色または琥珀色をしているはずです。暗い色、低い粘度、または不快な臭いの蒸留物は避けてください。    バイオマス、処理装置や技術、抽出・精製ラボのスキルや経験などの要因が品質に影響を与えます。蒸留物の品質の比較については、ブログで詳しく説明しています。

CBD gained Popularity in the United States for treating childhood epilepsy such as Dravet syndrome and Lennox-Gastaut syndrome (LGS), which typically don’t respond to antiseizure medications. This led to the development of Epidiolex, which contains CBD, it is the first cannabis-derived medicine approved by the FDA for these conditions.

CBDは、抗てんかん薬に反応しないDravet症候群やLennox-Gastaut症候群(LGS)などの小児てんかんの治療薬として、米国で人気を博しています。このため、CBDを含有するEpidiolexが開発され、大麻由来の医薬品として初めてFDAからこれらの疾患に対する効能が承認されました。

Animal studies, and self-reports or research in humans, suggest CBD may also help with:

動物実験や、人間における自己申告や研究によって、CBDはまた助けになる可能性があることが示唆されています。

  • Anxiety Studies and clinical trials are exploring the common report that CBD can reduce anxiety.
  • 不安 CBD が不安を軽減するという一般的な報告について、研究及び臨床試験が行われています。
  • Insomnia Studies suggest that CBD may help with both falling asleep and staying asleep.
  • 不眠症 研究は、CBD が入眠と睡眠維持の両方に役立つ可能性があることを示唆しています。
  • Chronic pain. Further human studies are needed to substantiate claims that CBD helps control pain. One animal study from the European Journal of Pain suggests CBD could help lower pain and inflammation due to arthritis when applied to skin. Other research identifies how CBD may inhibit inflammatory and neuropathic pain, which are difficult treat.
  • 慢性的な痛み。 CBDが痛みをコントロールするのに役立つという主張を実証するためには、さらなるヒトでの研究が必要です。European Journal of Painの1つの動物研究は、CBDが皮膚に適用された場合、関節炎による痛みと炎症を下げるのを助ける可能性があることを示唆しています。他の研究では、CBDが、治療が困難な炎症性疼痛や神経障害性疼痛を抑制する可能性があることを明らかにしています。
  • Addiction. CBD can help lower cravings for tobacco and heroin under certain conditions, according to some research in humans. Animal models of addiction suggest it may also help lessen cravings for alcohol, cannabis, opiates, and stimulants.
  • 依存症です。CBDは、ヒトにおけるいくつかの研究によると、特定の条件下でタバコやヘロインへの渇望を低下させるのに役立つとされています。依存症の動物モデルでは、アルコール、大麻、アヘン、覚せい剤に対する欲求を軽減するのにも役立つ可能性があることが示唆されています。

Source: Harvard Medical School

出典 ハーバード大学医学部

THC Free CBD Distillate has many compounds in addition to the main component CBD. This allow the end user to benefit from the Entourage Effect a phenomenon that causes improved effects when multiple cannabinoids are taken together. This great benefit can also make it harder for analytical laboratories to gauge cannabinoid levels. Make Sure your THC FREE CBD distillate comes from a trusted source such as http://cbd-migoto.jp/ that is accustomed to working with concentrated cannabinoids and your customers will thank you. For more information check out or BLOG.

THCフリーCBD蒸留液は、主成分であるCBDに加え、多くの化合物を持っています。これにより、エンドユーザーは、複数のカンナビノイドが一緒に摂取されたときに改善された効果を引き起こす現象であるEntourage Effectの恩恵を受けることができます。この大きな利点は、分析機関がカンナビノイドレベルを測定することを難しくすることもできます。あなたのTHC無料CBD蒸留物は、濃縮されたカンナビノイドとあなたの顧客を扱うことに慣れているhttp://cbd-migoto.jp/ のような信頼できるソースから来ることを確認してください。より多くの情報のために、またはブログをチェックしてください。