Raw Materials

水溶性フレーク・液剤(水溶性フレーク・液剤):Water Soluble Flake and Liquid(Water Soluble Flake and Liquid)

水溶性フレークおよびリキッド

With the rising popularity of cannabinoid infused beverages has come the need for Water Soluble or "nano" Cannabinoid isolates and distillates. Almost any cannabinoid isolate or distillate can be converted into water soluble flake or liquid. The process of converting a standard cannabinoid material into Water soluble  can differ from supplier to supplier.

カンナビノイド配合飲料の人気が高まるにつれ、水溶性または「ナノ」カンナビノイド単離液および蒸留液の必要性が高まっています。ほぼすべてのカンナビノイド単離物または蒸留物は、水溶性フレークまたは液体に変換することができます。標準的なカンナビノイド材料を水溶性に変換するプロセスは、サプライヤーによって異なる場合があります。

The standard method to produce water soluble flake or liquid involves adding ingredients that encapsulate the cannabinoid and using a device called a sonicator that employees high frequency sound waves to break the materials into very small particles. Recently new technology has been applied from the pharmaceutical industry allowing for smaller particle size. A good water soluble product should come with a particle size analysis showing average particle size of 100-300nanometers the smaller the particle size the more easily the cannabinoid can pass through the walls of the bodies' cells greatly increasing onset time and potency.

水溶性のフレークやリキッドを作るには、カンナビノイドをカプセル化する成分を加え、ソニケーターと呼ばれる高周波の音波で素材を非常に小さな粒子にする装置が標準的な方法として使われています。最近では、製薬業界の新しい技術が応用され、より小さな粒子にすることができるようになりました。水溶性の製品は、粒子径が100~300ナノメートルの平均粒子径を示す粒子径分析が必要です。粒子径が小さいほど、カンナビノイドは体の細胞の壁を通過しやすくなり、発症時間や効能を大幅に向上させることができます。

Water soluble Cannabinoids tend to have a bitter taste due to the nature of isolated cannabinoids, however the taste can vary greatly from product to product and some of the more skilled manufacturers have eliminated up to 95% of all taste so its important to make sure you taste test your product before purchase to ensure it is a good fit for your business. Water soluble products without emulsifiers are the most palatable.

水溶性カンナビノイドは、分離したカンナビノイドの性質上、苦味を持つ傾向がありますが、味は製品によって大きく異なり、より熟練したメーカーの中には、すべての味の95%まで排除しているものもあるので、購入前に味を確認し、ビジネスに適していることを確認することが重要です。乳化剤を使用していない水溶性の製品が最も口当たりが良い。

One of the most important considerations when choosing a water soluble product is its shelf life. Most water soluble products claim a six month shelf life at best and not all can live up to this claim however it is possible to achieve shelf life of up to two years depending on the ingredients in your final product .

水溶性製品を選ぶ際に最も重要なことの1つは、その保存性です。ほとんどの水溶性製品は、せいぜい6ヶ月の賞味期限を謳っており、すべての製品がその通りになるとは限りませんが、最終製品の成分によっては2年程度の賞味期限を達成することも可能です。

Water soluble flake is usually around 10 times concentration of its liquid counterpart. If your business already has mixing or stirring equipment you can save time money and storage space by ordering water soluble flake and mixing your own liquid. If you are new to beverage manufacturing you  may want to start with water soluble liquid as it is simpler to work with.

水溶性フレークは、通常、液体フレークの約10倍の濃度があります。もし、あなたのビジネスがすでにミキシングや攪拌の設備を持っているならば、水溶性フレークを注文し、自分で液体をミキシングすることによって、時間と費用と保管スペースを節約することができます。飲料の製造が初めての場合は、作業が簡単な水溶性液から始めるとよいでしょう。

Water soluble flake or liquid isn't just a good choice for a cannabinoid beverage. It is literally the only choice. If your beverage business is in need of water soluble cannabinoids you can find some of the highest quality water soluble cannabinoids HERE.