おじいちゃん、おばあちゃんが大麻を消費する割合

アメリカのおばあちゃんとおじいちゃんたちは、マリファナを吸う時代に突入しています。

今回のこの研究は彼らがマリファナを「なぜ」、「どのように」使用しているかを明らかにしています。

実は10 代の若者は、合法化された州でマリファナを消費することがますます少なくなっています。

代わりに、高齢者世代が若者の代わりになりました。

BDS Analyticsが昨年の消費者レポートで指摘したように、高齢者世代は大麻消費者の「重要で成長しているセグメント」になっています。言い換えれば、これまで以上に多くの成人がマリファナを使用しています。 2月の調査では、65歳以上の成人のマリファナ使用が過去3年間で75%増加したことが示されました。

高齢者は、嗜好用というよりも医療上の理由で大麻を選んでいるようです。

最も一般的な医学的理由には、痛み、睡眠、不安解消が含まれます。

研究者たちは、なぜ高齢者が不安のためにマリファナに転向したのかを理解しようと熱心に取り組んでいました

マリファナを使用して不安症状をターゲットにした患者は、他の患者よりもTHCを含む大麻を使用する可能性が高く、マリファナを電子タバコで摂取したり、グミなどのエディブルで摂取している傾向があります。

Grandma And Grandpa Now Smoke Weed: Study Reveals What They Use It For

Teenagers have consumed marijuana less and less in legal states. Instead, baby boomers have taken their place. As BDS Analytics noted in a consumer report last year, baby boomers have become an “important and growing segment” of cannabis consumers.  In other words, more adults are using marijuana more than ever. A February study showed marijuana use among adults ages 65 and over had risen 75% in the past three years.

You won’t be surprised that older adults choose cannabis for medicinal reasons over recreation. The most common medical reasons included pain, sleep, and anxiety. Researchers were keen to understand why older adults turned to marijuana for anxiety

Those who used marijuana to target anxiety symptoms were more likely to use cannabis with THC, more likely to vape flower, and more likely to consume edibles than other patients. 

 Source

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。